武田和大です。木管吹きです。

目からウロコの教則ネタなどなど…

12色相環とドレミ_音階のスパイラル状認識
(2009/07/20)

「音の高さ」とは周波数という物理現象の知覚を表すための概念です。
音楽を聞いたり演奏したりするときの人間の「音の高さ」感は、
オシロスコープで見える波形の連続とは違った形をしています。

その違いを表そうとする一例が、ヘルツに対してのセントです。
<ここに詳細>

そのヴィジュアライズを思いつきました。

図工の教室で昔見た12色相環の三次元モデル。
http://www.rakuten.co.jp/kawachigazai/1069550/1069556/815959/
あ、色立体っていうんですね。

あれでですね、人の音楽的音高感を表現できると思うんですわ。

<続きはまた。>




  ※投げ銭よろしく〜 賽銭箱

サイトTopへ