武田和大です。木管吹きです。

目からウロコの教則ネタなどなど…

Q:基礎練では呼吸がちゃんとしているのに曲を吹くとできなくなってしまう。

A:気の持ちようです。

、、、では身も蓋もありませんね。えっとですね、

音楽を表現する道具を身につけるための基礎練習になってないから、
音楽演奏をしようとしても、全くその練習の効果が現れないってことです。

いかにも基礎練習をしているときでも、音を出せば必ず音楽になるような
音の出し方をしていなければ、全く効果ありません。
全てメロディーのつもりで、聞いた人がウットリするような基礎練にしましょう。

音を出したその瞬間に聴衆をノックアウトしなければ、そのあとに
どんなに難しそうなことを連ねても全く意味がありません。

その「瞬間」をいつでも造れるようになるための基礎練です。

そして、その瞬間が連綿と続けられる人になるための基礎連です。

というわけで、基礎連するための気の持ちよう、と言ったわけです。


サイトTopへ